巨幹残栄・大仁金山

f0173596_210275.jpg

1993年・大仁金山

江戸時代に大久保長安によって発見された歴史のある鉱山。
90年代までは選鉱所などが残っていたが、現在は解体されない。
坑口近くの壊れそうな建物には、古い時計があった。
いつまで動いていたかは定かではないが、その存在感の強さに引きつけられた。
[PR]
by ysnowy | 2009-06-17 20:58 | 鉱山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/11329140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tosha at 2009-06-18 10:08 x
妻の実家の近くに大仁金山がありました。
金を採掘してた清越金山も小さな選鉱場が残ってます。
Commented by ysnowy at 2009-06-18 23:23
toshaさん
伊豆は金山の宝庫です。清越金山も行ったことはありますが、もう15年以上前です。だいぶ変わったことでしょう。
Commented by tosha at 2009-06-21 18:03 x
15年前は知らないのですけど、小さな鉱山ですよね。
山の麓で午後過ぎには暗くてローライコードで撮影するには
苦労した記憶があります。
比較的中は残存していて、トロッコも残っています。
ただ床が抜けそうな部分もあり注意が必要でした。
Commented by ysnowy at 2009-06-21 18:54
tosha さん
そうですか。
また、機会があれば訪ねてみたいですね。
<< 巨幹残栄・芦別炭鉱 夕張39・消えた坑口(三菱南大... >>