幾春別炭鉱

f0173596_195737.jpg
f0173596_1953424.jpg
f0173596_1955584.jpg


明治18年開坑の幾春別炭鉱。
大正8年に建てられた竪坑は、北海道で現存する竪坑ヤグラでは最も古いもの。
巻き上げ室や近くの建物はレンガ造りで、一部の外壁は黒く塗られている。
これは戦時中レンガは目立つため、空襲されないように黒く塗ったものだと言う。

戦後65年経つ今でも残る貴重なものだ。
[PR]
by ysnowy | 2010-03-24 19:26 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/13194103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夕張45・ズリ山と煙突 新幌内炭鉱 >>