足尾銅山

f0173596_10574187.jpg

f0173596_10575718.jpg
f0173596_10581229.jpg
f0173596_10582734.jpg
 

写真は90年代に撮影したもの。
最近精錬所が解体されたという。
解体された後をまだ見ていない。
ここ10年近くで足尾は激変したと思う。
数多く見られた社宅は解体され更地が目立つし、周辺の山々も緑が濃くなってきた。
山々の緑が戻りつつあるのは嬉しいことだが、鉱山の施設がなくなっていくのは寂しい。
これも一つの歴史なのだろうか。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-26 11:13 | 足尾 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/15050080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2010-11-26 19:36 x
夏目漱石の「坑夫」。中学のとき愛読してました。この界隈で巡検するのは、もっぱらマンガン鉱山ばかりで、足尾や日立の大鉱山は遠くから眺めてばかりいました。いまは日光市になってるということで、びっくりしています。
Commented by ysnowy at 2010-11-26 21:14
猫おやじさん
そうです。足尾は日光市なんです。
でも鉱山町の雰囲気は変わりません。
<< 夕張75・清水沢炭鉱 80年代夕張67・社光浴場 >>