池島炭鉱・炭鉱映画「信さん 炭坑町のセレナーデ」

f0173596_12223794.jpg

1995年
f0173596_12225439.jpg

2001年
f0173596_1223174.jpg

2001年

池島の名は、かつて鏡池という池があったからだという。
炭鉱ができる前は戸数80戸、住民300人の半農半漁の無医村だった。
九州で最後まで採炭をした池島炭鉱は、2001年に閉山。早いもので閉山から10年が経とうとしている。

今、「信さん 炭坑町のセレナーデ」という映画が上映されている。池島炭鉱をはじめ、万田鉱、田川の松原の炭住などでロケをした。現存する炭鉱施設や炭住などを使っているためリアルで、内容も見ていて泣けるいい映画だ。http://shinsan-movies.com/

近年、「SNOWY」の撮影が中心となり、九州の炭鉱から足が遠のいてしまったが、映画を見て池島炭鉱を思い出した。
[PR]
by ysnowy | 2011-01-13 13:02 | 炭鉱 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/15325542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-01-14 11:54 x
空撮がすごいですね。学校史でこどもさんが人文字になって、うえから、それを撮影するのに、ついていったことがありますが、轟音と振動にまいりました。池島は2001年閉山。三井のヤマでしたから結局、三井松島産業として海外炭の開発に新天地を求めているのですね。株価が100円台で、配当が8分というのも健気です。
Commented by ysnowy at 2011-01-14 16:06
猫おやじさん
最後まで残るのは、やはり三井のヤマですね。
釧路の太平洋炭鉱も同系列でした。
三井松島産業、凄いですね。
Commented by ず ん さ ま at 2011-01-14 19:42 x
池島と釧路の太平洋炭鉱は、研修施設としてアジアの研修生の受け入れをしていたって聞いた覚えがありますが、池島は研修施設もやめてしまったのですか??
Commented by ysnowy at 2011-01-14 20:35
ずんさまさん
釧路コールマイン(旧太平洋炭鉱)はまだやっています。
私も撮影した事があります。
池島炭鉱は予定から行けば2007年まででした。
昨年、NHKでインドネシアに帰る子供たちのドキュメント番組をしていたので終了したのかも。
映画「信さん」、ずんさまにはお勧めです。銀座のシネパドズで上映中です。いい炭鉱映画ですよ。泣けます。
Commented by ず ん さ ま at 2011-01-15 02:48 x
あ!銀座でやってるんですか!来週から一週間出張なので戻って来たら見に行きたいなぁ。そういえば、先週、海炭市抒景 なる映画を見ました。こちらは炭鉱ではなく造船所が出てきました。悲しい映画でしたよ。。。
Commented by ysnowy at 2011-01-23 17:02
ずんさまさん
そうなんです。銀座で炭鉱映画をみるのもいいですよ。
シネパトズはなかなか雰囲気のある場所にあります。
<< SNOWY・神岡の風呂 木造駅舎33・御嶽駅 >>