日本特殊鋼管大湊工場2

f0173596_12104183.jpg


氷点下の気温になれ東京に戻ると暖かく感じる。
しかし、数日経つと東京の環境に慣れてしまう。寒い。

今年の下北は寒かったが、カメラが凍るほどではなかった。
20年前と比べ温かくなっているのには間違いない。
[PR]
by ysnowy | 2011-01-23 12:25 | 鉱山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/15380338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-01-23 21:23 x
青森県史で、たびたび青森にゆきましたが「地吹雪」というか、凍った粉雪が顔面を直撃するのに参りました。さらに30年前、アエロフロートの飛行機が機内火災でノボシビルスクに不時着。4日ばかり外出禁止でそのままホテル住まい。そとは零下45度。カラスだけが元気に飛び回ってる。廊下にでると額と耳がジンジン痛いのに泣かされました。
Commented by ysnowy at 2011-01-24 08:32
猫おやじさん
マイナス20度ぐらいは経験したと思いますが。
45度なんて・・。それは凄すぎます。

Commented by ず ん さ ま at 2011-01-24 14:19 x
昨日、一週間ぶりに『極寒』の奄美群島から戻ってきました!
大湊 で 特殊な鋼管 とゐへばやはり 軍事関連 で砂。 笑
室蘭の日本製鋼みたいな歴史のある会社ではありますが、大昔に合併やら統合で一応、新日鉄?なのかすら。。。。
そーれーにーしても!廃墟になって久しい工場と煙突、船着場など非常に気になる物件ですなぁ。。。
大湊は、海軍の給水施設とダムに行ってみたいのですが、なかなか北日本へ行く機会がありません。(奄美を含め南西方面には色々と行くのですが。。。)
Commented by ysnowy at 2011-01-25 13:02
ずんさまさん
お帰りなさい。
大湊工場の資料がほとんどなく、町史に記述しか手元にない状態です。工場が閉鎖された後、軍需工場として使われたと記述していたものもありますが、まだ自分では確かめていません。
建物は崩壊が進んでいます。いずれ壊れるでしょう。
<< 日本特殊鋼管大湊工場3 大寒の日の日本特殊鋼管大湊工場 >>