SNOWY・夕鉄バス

f0173596_17183224.jpg

2007年、夕張・真谷地炭鉱跡で

お知らせがあります。
2月10日16時から、松村明写真展「ありふれた長崎 痕跡の街」のオープニングで5人の写真家によるギャラリートーク 「ドキュメンタリーの今」を行います。
メンバーは松村明さん(元カメラ毎日編集部・今回の写真展主催者・長崎原爆)、原芳市さん(写真家・曼荼羅図鑑)、福田文昭さん(元フォーカスカメラマン・新宿カミナリ族)、宮本成美さん(写真家・水俣40年)と萩原義弘です。
それぞれの立場からドキュメンタリー写真の現状について1時間30分ほど語り合います。
ご興味のある方は直接会場へ気軽にお越しください。
入場無料です。
場所は「アイデムフォトギャラリー・シリウス」新宿区新宿1-4-10 ℡03-3350-1211
http://www.photo-sirius.net/index.html
地下鉄丸の内線新宿御苑前駅近くです。
[PR]
by ysnowy | 2011-02-08 17:44 | SNOWY | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/15472137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-02-09 08:48 x
よろこんで参加させていただきます。たのしみ、たのしみ。
Commented by ysnowy at 2011-02-09 21:36
猫おやじさん
ありがとうございます。
<< 80年代夕張71・炭住解体 80年代夕張70・冬の炭住 >>