冬のアルテピアッツァ美唄

f0173596_16473245.jpg
f0173596_16474996.jpg
f0173596_1648368.jpg
f0173596_16481829.jpg


私は、何度となく東北地方の鉱山に通い撮影をしてきました。
大きな被害を受けた宮古市・釜石市には日本を代表する金属鉱山があり、今でも同市の町並みが脳裏に浮かんできます。
先日起きた東日本大震災で、被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

写真は、安田侃氏の彫刻が並ぶアルテピアッツァ美唄。http://www.kan-yasuda.co.jp/arte.html
雪に覆われた冬はまた違った味わいがあります。
冬場も開いているので、是非訪れてみてください。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-17 17:14 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/15673924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ライカ at 2011-03-18 00:59 x
今回の震災で各紙の報道写真はその被害の大きさと共に無力感からであろう伝えるべき言葉を失ったかのように思います。ただただ、見つめるだけ。。。萩原さんはどう思われますか?
Commented by 猫おやじ at 2011-03-18 08:55 x
北から野田玉川鉱山が野田鉱業、田老鉱山はラサ工業、釜石鉱山と赤谷鉱山が日鉄鉱業、大谷鉱山が日本鉱業でしたね。大谷はかわいい資料館があって5KGくらいの伊豆の日本鉱業蓮台寺鉱山の輝銀鉱を3年前寄付して喜ばれたけど、田老鉱山は比較的低地だったから心配。報道写真は報知の山元町自動車学校のバスのなかで亡くなってる娘さんの髪をなでる母親と、そばに佇む父親の写真。岩沼のビール工場から散乱する発泡酒を盗む中年男の写真が強く印象に残ってます。被災地に物資がとどかず、せっかく助かった老人がどんどん亡くなってる。なんで自衛隊の飛行機やヘリが物資を投下しないのかな。上から消火なんて「二階から目薬」アメリカやロシアの専門家が放射線量を近隣で独自に調査。隣で家が燃えてるのに「落ち着け」っていう神経がわからない。76円のドルを銀行で買うおばさんや米、パン、牛乳、レトルト食品、ティッシュ、電池、カセットボンベを山ほど買う、おばあさんにもあきれてる。最悪の事態になったら、そんなもの、あの世へもってゆけないよ
Commented by ysnowy at 2011-03-18 10:02
ライカさん
私も奥尻や阪神など被害の大きな現場を見てきました。
今回の地震は広範囲で多くの被害がでています。
現場に行っているカメラマンも精一杯なのではないでしょうか。
今回は自分が現地を見ていないし、現在、報道の現場から離れているのでなんともいえませんが・・。
Commented by ysnowy at 2011-03-18 10:11
猫おやじさん
ほんと買占めはすごいですね。
近くの巨大なスーパーも午後に行くと物がない状態です。
カップヌードルやトイレットペーパーなどは、いつも山積みなのにありません。
けど、今一番恐ろしいのは原発ですね。
やばい情報は出てこないのでしょう。
<< SNOWY・明治庶路炭鉱 木造駅舎34・北一已駅 >>