夕張79・炭住街

f0173596_17131157.jpg
f0173596_17132712.jpg
f0173596_17134116.jpg

清栄町・宮前町(3月初めに撮影)

先日、ズリ山からの俯瞰写真をアップした清栄町から宮前町にかけては、今でも炭住街が残り、夕張で一番炭鉱の雰囲気が残る所だ。
清水沢炭鉱の選炭機や電力所の木造社宅は解体されないが、他は29年前とほとんど変わらない。
「今年はまだ雪が多く残り寒さも厳しい」と言う便りが夕張から届いた。
東京は桜のつぼみもだいぶ膨らんでいるが、夕張はまだ春が遠い。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-26 17:30 | 夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/15716114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-03-27 08:45 x
昨日は毎日新聞のひとと邂逅した上野の花見に、にゃんこたちといってきました。いつもより10日開花がおくれてるようで、さくらまつりも中止で閑散たるもの。「宴会はいないように」とあって、7-8人のおじさんおばさんが1組だけ盛り上がってました。動物園前ではホームレスの行き倒れ。勤務員さんが5人見守っている。救急車がきたけど、搬送先がきまらず30分くらいそのまま。「引き取り先がきまらないんだよ」と仲間のおじさん。「でも今日は担架にのせられていていい」どうしてですか?って聞くと「いつもはブルーシートにくるまれて、ゆくんだ。人間扱いされないのさ」。震災で、お花見が中止になって、残飯にありつけず倒れるホームレス。この人も被災者なのかな。
Commented by ysnowy at 2011-03-27 10:58
猫おやじさん
結局、弱い所にしわ寄せが来るのですね。
ホームレスも被害者でしょう。
<< 築別炭鉱 「原爆を視る1945-1970... >>