夕張92・炭鉱画家・畠山哲雄さん

f0173596_14565661.jpg

山峡の春・1981年
f0173596_14571710.jpg

畠山さん写す
f0173596_14573537.jpg

2011年


夕張の風景を半世紀にわたり描き続けた畠山哲雄さん。
6月18日は畠山さんの命日。早いもので13回忌を迎える。

昨年から、かつて畠山さんが描いた場所を訪ねている。
作品は畠山さんが1981年に制作した「山峡の春」。
鹿の谷の野球場の近くの炭住街で、背景に冷水山が見える。
最初、この場所が解らなかった。
私はこの場所に来た事がなく、炭住街があったことを知らなかった。
現在は炭住街はなくなり、木々が伸び、変わらないのは山の稜線だけだった。

夕張の変貌は激しい。
[PR]
by ysnowy | 2011-06-17 15:38 | 夕張 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/16142670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-06-18 05:04 x
絵や写真は、失われた時を取り戻してくれます。梅原龍三郎さんのタッチの畠山作品。300点も夕張市に寄付されたとか。世界遺産の作兵衛さんに負けない炭鉱画家ですね。 北炭の社員ということで夕張をキャンパスにして、いろいろな思いを込めて描きつづけたのでしょうね。いまの写真と炭住を見比べてみると、感慨深いものがあります。人間の作った工作物は大自然の前では儚いものですね。かなり時間はかかるのでしょうが世界的な問題になっている福島の工作物も、いずれは、このような自然の風景になることでしょう。
Commented by ysnowy at 2011-06-18 07:59
猫おやじさん
畠山さんは、北の炭鉱画家でした。
ほとんどの作品は夕張の風景。
そして、自分が生活していた炭住街を描いています。
猫の写真展、月曜の午前中にも伺う予定です。
Commented by 猫おやじ at 2011-06-19 06:42 x
月曜日、たのしみにしています。駅の北側です。写真は2枚しか出せませんでした〔残念〕。お昼は、ぜひ地元の食事を召し上がってくださいね。
Commented by ysnowy at 2011-06-20 07:48
猫おやじさん
11時ごろまでにはうかがいます。
Commented by 猫おやじ at 2011-06-20 22:09 x
ご指導ありがとうございました。お話も楽しかったです。あしたは「みずほ」株主10000人だから、8時には、ゆかないと・・・・・・・。
Commented by ysnowy at 2011-06-22 11:32
猫おやじさん
こちらこそありがとうございました。
<< 木造駅舎35・解体危機の折尾駅... 80年代夕張74・石炭の露頭 >>