木造駅舎36・旧夕張鉄道・新二岐駅

f0173596_13464258.jpg
f0173596_13465719.jpg
f0173596_13471281.jpg


旧夕張鉄道の新二岐駅 。
木造モルタルのモダンな駅舎だ。
大正15年に開業し、戦後改築された。
ここから角田炭鉱への専用線が出ていた。
窓から中を見てみるとキップ売り場が残っていた。
[PR]
by ysnowy | 2011-07-29 13:54 | 木造駅舎 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/16342214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-08-01 06:00 x
トンボの止まり木が、いい味でてますね。近づくと、すぐ飛び去るのに、北海道らしいトンボですね。鉄道の廃屋。内地だったら盗り鉄の餌食になりそうですが、さすが北海道ですね。さびしい作品だけど、あたたかい印象をいただきました。
Commented by ysnowy at 2011-08-02 11:58
猫おやじさん
「旧駅舎は倉庫として使われている」と聞いたことがあります。
それゆえ、原形を保っているのでしょう。
味のある、いい駅舎です。
<< 足尾銅山・戦前の新聞 夕張97・「時を超えて―夕張・... >>