80年代夕張77・石炭の歴史村

f0173596_11555673.jpg

1983年撮影

写真は開業当時の石炭の歴史村。
札幌近郊から多くの人が訪れていた。
今となっては信じられない光景となった。
このころは、財政が破綻するとは思わなかっただろう。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-23 12:03 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/16592258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mori-to_coa at 2011-09-24 19:07
数年前、道路付け替え工事で解体された前(前々?)の夕張駅が、まだ現役ですね。それに福住の炭住も… 。
Commented by ysnowy at 2011-09-24 21:31
COAさん
夕張駅は二度移転していますから前々の駅舎です。
解体されたのは非常に残念で、惜しまれます。
Commented by 猫おやじ at 2011-09-25 09:23 x
夕張駅に停車している3両編成の気動車。駐車場には500台を超える自家用車。モータリゼーションという言葉が、普通になって、その後、大量輸送手段の鉄道を駆逐することに、なってしまったのですね。銀座のにゃん活では、ケータイの画面をニコニコして眺めながら帰る人を見送るのですが、誹謗中傷を無上の喜びにしておられる人もまれにいて、その通報でやってくる交番や警備のひとと、よく議論します。交番の菅さん、瀬谷さんは紳士的だけど、きのうの坊主刈りの三越の下請けの平尾さんはヤクザ口調。人間いろいろですね。
Commented by 猫おやじ at 2011-09-26 08:35 x
朝〔9月26日〕の日経39面のトップに山本作兵衛さんの記事が80行くらい出ていました。田川市と飯塚市との、せめぎあいなど興味深い紙面でした。もっとも、これを機に数十億円単位のはこ物をつくろうとする田川市の姿勢は疑問符。そのお金は、炭鉱施設の現状保存に振り向けるべきだと思うのですが・・・・。
Commented by ysnowy at 2011-09-26 22:03
猫おやじさん
「モータリゼーション」、写真はそうも読み取れますね。
山本作兵衛の記事読みました。先日、田川の知人と連絡をとったら「今、田川はたいへんだ」と言っていました。今はブームですが、下手にハコ物をつくると、後々大変な事になりますね。
炭坑画は、筑豊の宝ですが、日本の宝でもあります。
国も記憶遺産のことをもっと考えないといけないと思います。

<< 80年代夕張78・平和の浴場 霧の清水沢電力所 >>