美唄通信番外編・アルテピアッツァ美唄 彫刻のある風景1

f0173596_20492473.jpg
f0173596_20495017.jpg
f0173596_2050742.jpg
f0173596_20503247.jpg
f0173596_20505128.jpg
f0173596_205172.jpg
f0173596_20512551.jpg


写真展「ヤマに在りヤマへ還る」の期間中、アルテピアッツァ美唄でいろんな風景が見られました。
雪、吹雪、雨、霧、初冬の風景はさまざまでした。
[PR]
by ysnowy | 2011-12-09 21:00 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/16929858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-12-09 22:15 x
無彩色の世界ですね。こうした自然の厳しさは、厳然としていて萎縮します。当地でも朝5時、畑や庭は銀世界でした。今年の夏の暑さは、つらいものでしたが、まだ12月も上旬なのに雪。室内気温5度の生活者には、つらい季節がやってきました。熱源なしの猫こたつを作ってみました。1階猫は今日、2階猫は明日入居します。
Commented by ysnowy at 2011-12-10 18:19
猫おやじさん
無彩色の世界に見えますが、意外と色があります。
光により雪にもいろんな色が見えますし、厳しさを感じる時も優しさを感じる時もあります。面白いものです。
<< 夕張108・16日に国道452... 夕張107・初冬の大夕張・常盤町跡 >>