写真展・巨幹残栄

f0173596_018469.jpg

巨幹残栄・本岐炭鉱
f0173596_019966.jpg

写真展から



 全国の炭鉱や鉱山跡を訪ねて30年になります。近年は炭鉱などの施設が、産業遺産としての価値が認められ、国の重要文化財や登録有形文化財に指定され保存されたものもあります。また長崎県の軍艦島(端島炭鉱)は、観光の目玉となり、たくさんの人が訪れる人気の島となっています。しかし、その反面多くの施設の老朽化が進み、解体されなくなったり、自然の中に埋もれていったものもあります。
炭鉱や鉱山跡は山間部や離島にあるものが多く、かつて町として賑わっていた所も、閉山で人々が去り、時が経つと自然の勢いが勝り、生活の痕跡を見つけるのがしだいに困難となってきました。特にここ数年、炭鉱跡を訪ねてみてそのことを強く感じます。
私が撮影した写真の中にも、現存しないものがたくさんあります。今回の写真展は写真集「巨幹残栄」の中から選んだものと、改めてネガを見直し、プリントしたものを展示します。


今日から写真展が始まります。
私は今日、明日とも午後から会場にいる予定です。
ご来場をお待ちしています。

詳しくは冬青社のホームページをご覧ください。
http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/EXHIBITIONS/j_exhibitions.html
[PR]
by ysnowy | 2012-02-03 00:27 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17150252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-02-03 06:35 x
写真展おめでとうございます。きのうは岩波理恵さんのブログに触発されて港区港南のキャノンで2人の作家さんの写真をねこ3匹とみてきました。屋久島、日本各地の風景でした屋久島では雪が霰石の結晶のように族〔竹かんむり略〕出したものと、日本各地の風景では十勝川のかわらの氷の大塊が頑火輝石の結晶のようで印象的でした。屋久島の作品は、たたみ1畳くらいのものが多く、見るスペースが狭いので鑑賞しにくいものでした。大きさって大事ですね。今日おわりちかくに、こそっとおじゃまします。なお、十勝川の作品の作家さんは、日芸を出てまだ3,4年27歳とか。あまりに若いのでびっくりしました。
Commented by ysnowy at 2012-02-03 10:04
猫おやじさん
猫おやじさんとにゃんこ、お待ちしています。
Commented by 猫おやじ at 2012-02-03 20:08 x
すみません新中野駅に5時50分についたのですが、会場へのメモなくして電話帳ひいたんですが「冬香」は、あって「冬青」はなく、とぼとぼ帰りました。日曜日以降に、お邪魔したいと存じます。
Commented by ysnowy at 2012-02-03 20:54
猫おやじさん
そうですか。
地図がないと難しいですね。
再度、お待ちしています。
<< 写真展・巨幹残栄始まる SNOWY・西脇市立西脇病院 ... >>