夕張111・今度は雪でパチンコ店が崩落

f0173596_2334831.jpg

3月7日午後3時49分写す

先月、雪で美術館の屋根が落ちた夕張。
7日午後3時20分ごろ、鹿の谷の元パチンコ店が雪で崩壊した。
元パチンコ店は、以前から閉店状態で、幸い通行人もなく、ケガ人は出ていない様だ。
私は元パチンコ店の前の道を約1時間ほど前に通ったがそのときは何ともなかった。
大雪は恐ろしい。
[PR]
by ysnowy | 2012-03-07 23:17 | 夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17283208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-03-08 09:06 x
人の手が、はいらないと、建物は壊れてゆきます。これも風化作用というべきものですね。昔5月の初め、小出から只見まで気動車にゆられました。山合いに、さしかかると至るところで斜面が崩落して杉の木が根こそぎ倒れていました。「雪崩のあとなんだ」と車掌さんが言ってましたが、今年も、以前の水害の影響も重なり、いまもって開通のめどがたたないといいます。にゃんこたちのルーツの小金沢駅前旅館にも、いつ行けることやら。
Commented by ysnowy at 2012-03-08 09:15
猫おやじさん
今年の空知地方の雪は凄いものでした。
多くの建物が倒壊していました。
人がいなくなった建物はホント弱いものです。
<< グループ展「You were... グループ展「You were... >>