夕張114・夕張市美術館の解体始まる

f0173596_12345620.jpg
f0173596_1235142.jpg

解体進む夕張市美術館
f0173596_12353057.jpg

運び出された木彫作品
f0173596_12354829.jpg

美術館の下は川が流れるている。解体は慎重に進んでいる



雪で屋根が崩落した夕張市美術館の解体作業が始まった。
美術館内に入り込んだ雪を重機が取り出しながら、残された作品も慎重に外に運び出された。
解体には1ヶ月ほどかかると言う。
写真は3月31日撮影
[PR]
by ysnowy | 2012-04-01 12:40 | 夕張 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17373232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ず ん さ ま at 2012-04-02 07:50 x
雪解け目前の作品搬出?
とにかく、美術品が避難できて良かったです。
ひがし大雪アーチ橋の人と知り合いになったので、タウシベツに行きましょうよ!先日の編集者の方も誘って。 笑
Commented by 猫おやじ at 2012-04-02 07:52 x
解体したあとに復元の話があるといいですね。夕張支援ファンドのようなものがあれば、それを活用するのも、いいのですが。地元では8-10年前に立派な劇場が30億円で建ちましたが、ほとんど活用されず、維持管理費用も年間億単位。民間と違って、費用対効果の検証が甘いって、つくづく思います。美術館の再生をみまもりたいにゃ。3日みぬまに桜が満開。上野公園お花見猫の日程もクルーの順番も、あわてています。
Commented by ねむいヤナイ at 2012-04-02 09:47 x
こんにちは、郡山三郎さんのツイッターから飛んできました。

半分壊れていたとはいえ、建物の解体は、胸が痛む光景ですね。

のちほど、このニュースを、小生のブログで紹介させていただきます。
Commented by ysnowy at 2012-04-02 10:20
ずんさまさん
最近、夕張に行くたびにこのような光景を目にします。
この美術館にはいろんな思い出があります。
目黒区美術館での「文化資源としての炭鉱展」では空知地区の美術作品の多くはこの美術館の収蔵です。美術館の崩壊は残念ですが、美術館は、建物ではなく作品(収蔵品)です。この保存をちゃんとしなければなりません。
Commented by ysnowy at 2012-04-02 10:27
猫おやじさん
再建はむつかしいとおもいます。夕張の美術品の価値を知っていれば屋根は落ちなかったでしょう。今の現状から壊れたらもう終わりなのです。30代の若い市長に期待したいですがそれは酷でしょう。
Commented by ysnowy at 2012-04-02 10:29
ヤナイさん
北見からありがとうございます。
夕張市美術館のことをどんどん発信してください。
Commented by 文子 at 2012-04-09 23:37 x
解体の為に稼動するショベルカーがまるで、怪獣かエイリアンのようですね。
24年前、まだ元気だった両親と法事のため訪れた夕張。
懐かしく立ち寄った過去の住まいが、偶然にもこのような解体の真っ最中でした。
親たちと言葉もなく只、只、長い時間見届けたものです。

すべては時と共にかわりゆく・・。
受け入れなければいけないのですね。誰にでも訪れる老いを認める気持ちとおんなじ。
でも諦めたくないです。いやです。
Commented by ysnowy at 2012-04-10 09:10
文子さん
建物は解体されましたが、収蔵作品は無事だっただけでも、今の夕張の現状を考えれば「よかった」と思うしかないですね。
再建のためにもちゃんとした保存をしていかなければなりません。
これからはそのことが重要ですね。
<< 夕張115・埋もれた坑夫の像 羽幌炭鉱 >>