夕張118・夕張新炭鉱の通洞桜

f0173596_19404144.jpg

通洞桜
f0173596_19405619.jpg

慰霊碑

夕張新炭鉱の通洞西口にある桜が満開だ。
近くの桜にはもう葉桜となったものも多いが、ここは今が一番いい時。
かつては多くの炭鉱マンが通った通洞。
ここから人車に乗り竪坑へと向かった。
新鉱の閉山から今年で30年。
いつの間にか通洞桜もりっぱになった。
[PR]
by ysnowy | 2012-05-18 19:53 | 夕張 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17554740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-05-19 07:00 x
坑内温度は、どこも16度くらいですから、夏すずしく、冬暖かいものですが、桜にとっては寒いのかもしれません。閉山から、もう30年ですか。炭鉱や鉱山という語彙も日本では死語になりそうです。去年の三菱金属の株主懇談会で浜地常務と、そのことにふれると「資源調査にも若手の技術者が見当たらなく、養成する大学も、ほとんどなくなって困っています」ということでした。寝るときは地質調査所から出された「日本鉱産誌」をナイトキャップに往時を懐かしんでいます。
Commented by ysnowy at 2012-05-19 08:30
猫おやじさん
ここの通洞は坑内と直結しているわけではなく、このトンネルの向こうに事務所や竪坑がありました。
トンネル内からは冷たい冷気が出ているため、影響はあると思います。
Commented by 文子 at 2012-05-23 14:36 x
桜に彩られた慰霊碑。
どんなに歳月が流れ過ぎても、桜は桜。
人は命を亡くし、姿を消しても思いはそこに残ってる。
そんなふうに思える写真ですね。

炭層メタンの事が気になります。
夕張再生の足がかりになると良いのですが。
でも、犠牲になった男たちとあの頃の夕張は戻りませんね。
Commented by ysnowy at 2012-05-24 13:25
文子さん
ここの桜は、美しいだけに悲しくも見えますね。
「炭層メタンの事?」詳しくは知りませんが、炭鉱時代とは大違いでしょう。
<< 夕張119・炭鉱(ヤマ)桜 80年代夕張84・炭山祭り >>