80年代夕張88・真谷地炭鉱

f0173596_13392623.jpg
f0173596_13395024.jpg
f0173596_1340626.jpg

真谷地炭鉱で1987年撮影

1987年の真谷地炭鉱炭鉱の閉山から、早いもので25年。
明治から続く夕張での北炭の歴史に、終止符が打たれた時でもあった。
谷間にある同炭鉱は、独特な雰囲気があり、秋は紅葉がきれいだった。
長らく残っていた事務所などの施設は、2008年に解体され、今は更地となっている。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-02 13:51 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17718589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-07-03 10:58 x
炭鉱の坑内は、通洞あたりをウロウロしていたくらいで切羽まで、いったことはないのですが、厳しい坑内環境だったことが、休憩されている黒い顔の坑内員の明るい表情から窺えますね。民主党の分裂。党利党略というか、がっかりです。昔のような保守合同で、「自由民主党」の復活も現実のものになりそうです。さて、病気猫が多くて、悩みは、いま、それだけです。
Commented by ysnowy at 2012-07-03 23:51
猫おやじさん
これらの写真は坑内ではありません。竪坑と繰込所の周辺の写真です。坑内ではタバコは吸えません。
民主党の分裂、この国の政治に期待したのがアホだったのでしょうかね。それより病気の猫ちゃんお大事に・・・。
<< SNOWY・えたいの知れないモノ? 80年代夕張87・夕張新炭鉱選炭工場 >>