SNOWY・明治庶路炭鉱

f0173596_1425199.jpg
f0173596_143824.jpg

SNOWY・明治庶路炭鉱

昨日までは梅雨明けのような天気だったが、今日は強風と雨が降ったりやんだりしている。
梅雨明けも近くなってきているのだろう。

さて、写真はよく訪れる明治庶路炭鉱。
傾いた炭鉱施設や、巨大なホッパーなどが残っている。
何度訪れても飽きない炭鉱跡だ。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-12 14:14 | SNOWY | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17753249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-07-14 07:04 x
明治鉱業は、創業60年で命脈のつきた産炭会社でしたか。大学の指導教授の木下亀城先生は、明治鉱業から奨学金をいただいて、世に出られたかたですが、保育社から鉱石図鑑や、こけしカラーブックスを著わしました。叙勲で勲2等をもらったときは、同時期、隣接学科の教授が勲3等で盛大に祝賀会をしているのに、恬淡として「所詮、バッジじゃからな」と教え子の私たちを、落ち着かせてくれました。
Commented by ysnowy at 2012-07-14 13:12
猫おやじさん
明治鉱業(安川・松本家)は筑豊御三家の一つですが、北海道でも昭和や庶路で炭鉱を持っていたのは驚きでした。庶路には竪坑もあり、やぐらはありませんが竪坑跡が残っています。
Commented by 猫おやじ at 2012-07-16 07:24 x
内部留保1500億、出版のほかに旅客航空機のリースまで手広く、やっていた勤務先が低迷。さて「銀座の猫の物語」というデジブックが公開されてました。68ページすべて家の猫。こんなに簡単に「本」にされては、ペーパーのメディアは、見通し、まるで暗いです。スマホの国内集荷台数が3200万台とか。時代は、変わりましたにゃ。
Commented by ysnowy at 2012-07-16 11:02
猫おやじさん
そうですね。
時代は変わりました。
<< 夕張125・大夕張の代々木アパート SNOWY >>