80年代夕張89・石炭ストーブ

f0173596_12103086.jpg

1986年・夕張市平和で

今自宅の室内の温度は22度、2日前は32度もあった。
たまらず禁断のエアコンを使ったが、夜まで暑くその夜は熱帯夜だった。
今年の夏は気温が上がっても風が強く暑さにたえられたが、風のない日はたまらない。

ところで夏の夕張では、少し寒くなると石炭ストーブを炊いていた。
今日のように肌寒い日は、夏の石炭ストーブを思い出す。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-20 12:26 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17780434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-07-23 09:45 x
北海道は、場所によっては8月だけ夏という感じですね。7月のおわりに釧路にいったとき駅の待合室のストーブが赤々と。きのうの銀座は「虐待反対」って叫ぶ、おねえさん、おにいさんに呆れて、松屋さんの前に、6匹子猫を寝かせているとロシア語を話す、2人のおばさんが猫の足元に封筒を置いて足早に立ち去った。みると福沢諭吉さんが2人。交番にと届けようっと。夜の銀座は、いろんなことが、あります。
Commented by ysnowy at 2012-07-23 10:03
猫おやじさん
特に釧路は寒いですね。
夜の銀座は面白いですね。
<< 夏祭りと炭坑節 夕張125・大夕張の代々木アパート >>