80年代夕張93・夕張新炭鉱閉山阻止行動

f0173596_2154721.jpg
f0173596_216642.jpg

1982年9月13日・萩原邸での抗議集会

30年前の今頃は、夕張新炭鉱の閉山阻止の行動の真最中だった。
東京の北炭元会長の萩原吉太郎邸では、総評、炭労の抗議集会が行われた。
遺影を持った遺族も参加し、閉山阻止を訴えた。
[PR]
by ysnowy | 2012-09-14 21:20 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17967213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-09-15 08:47 x
装置産業の鉄鋼/製紙とちがって資源は、有限で鉱量がなくなれば閉山というのが常です。ただ、働いている人たちの雇用確保というのが、当時、顧みられることはなかったですね。先日「とよた真帆」の石番組をみました。大滝村中津川を渉猟されているのですが岩石名の解説が噴飯ものでした。素人さんですから、やむを得ないものの番組制作サイドは地学の知識が求められます。番組を紹介した読売さんにも、がっかりです。
Commented by ysnowy at 2012-09-15 20:13
猫おやじさん
この当時はまだ炭鉱がいくつかあり、閉山後に他の炭鉱に行った人も多くいました。
石の番組、私も見ましたよ。
<< 80年代夕張94・夕張新炭鉱繰込所 旧弘前市図書館 >>