三井三池炭鉱有明鉱竪坑ヤグラ

f0173596_11593020.jpg

三井三池炭鉱有明鉱竪坑ヤグラ・1997年撮影

三井三池炭鉱の閉山から早いもので15年が経つ。
写真は閉山直前の3月に撮影したもの。
閉山後、有明鉱の施設の多くは解体され、竪坑ヤグラが2本残るだけだった。
そのヤグラも解体が進んでいるという。http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20120830ddlk40020325000c.html 
毎日新聞筑後版

すべてを剥ぎ取られ骨組みだけとなった竪坑ヤグラ。
猛暑の夏なのに何だか寒々しく感じた。
[PR]
by ysnowy | 2012-09-23 12:23 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/17995257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-09-24 17:06 x
三池の櫓、立派ですね。鉱山施設は、産業遺産として残してほしいものですが、なかなか、そうは、なってくれませんね。ひいきチームも7月までの快進撃が嘘のように5位争い。原因は投手陣の故障、打撃の不振。せめてCSにコマを進めて、ほしいものです。イースタンでは、ぶっちぎりの優勝。どうも、うまく、ゆきませんね。
Commented by ysnowy at 2012-09-25 09:52
猫おやじさん
有明鉱は、かつてのビルド鉱ですからね。施設も近代化されたものです。左側の竪坑ヤグラは、夕張新炭鉱と池島炭鉱と形がよく似ています。同じ時期に建てられた三池製作所製。3兄弟竪鉱と私は勝手に呼んでいました。
チョコレート会社のチーム、前半の快進撃は何だったのでしょうか。
来期に期待しましょう。
<< 三井三池炭鉱 80年代夕張94・夕張新炭鉱繰込所 >>