いわきでの写真展「ヤマに在りヤマへ還る」と冊子

f0173596_1254343.jpg

写真はいわき市の好間炭鉱ズリ山
f0173596_12542450.jpg
f0173596_12544378.jpg

美唄での写真展の冊子

昨年美唄市のアルテピアッツァ美唄で行われた写真展「ヤマに在りヤマへ還る」から1年。
昨年の今頃、大雪の美唄で過ごした事を思い出します。
同写真展は、今度は福島県いわき市の新しくオープンするギャラリー「コールピット」で11月29日から12月18日まで開催する事になりました。
昨年の美唄に続き、今年3月は東京、そして旧産炭地いわきで写真展を行う事を嬉しく思います。
私は12月1・2日(土・日)は会場にいる予定です。
お近くに来られましたら、ぜひお立ち寄りください。

ギャラリー「コールピット」  9時30分から18時まで(毎週水曜日休館)
いわき市平字紺屋町45、紺屋町ビル3階
℡0246-38-3153
詳しくはホームページhttp://www.coal-pit.comをご覧ください。

また、昨年の美唄での展示の様子や佐藤札幌芸術の森美術館館長との対談を載せた冊子を製作しました。
会場に置きますのでご覧ください。
30日から始まる東京・浅草橋のマキイマサルファインアーツでのヤリタミサコさんとの展示の時も置く予定です。こちらのほうも宜しくお願いします。http://www.makiimasaru.com/mmfa/index.html
[PR]
by ysnowy | 2012-11-21 13:27 | 常磐 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/18188116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-11-23 06:33 x
日本のエアーズロック。雲が主人公を思い切り引き立てていますね。いわきは石炭の町。地元での写真展は、とてもいいことです。常磐興産は無配継続ですが、ハワイアンセンターの平日入場券を新たに配布するそうです。
6月のクレハの総会では、いわき事業所の業績を伺いました。順調だそうです。炭素繊維の主力工場があり、前身は紡績会社でしたが、石炭にもゆかりが、できました。
Commented by ysnowy at 2012-11-23 12:20
猫おやじさん
いわき通いは当分続くと思います。今回はエアーズロックはまだ撮りに行っていませんが、いろんな炭鉱施設跡が残っているので、楽しみな所です。
<< 炭住に残された戦前の新聞 出版記念展・萩原義弘とヤリアミ... >>