炭住にあった映画ポスター「大道寺兵馬」

f0173596_2237539.jpg

いわき市で

解体前の炭住。
壁紙をはがすと古い映画のポスターが現れた。
「いつごろの映画だろうか」と思い調べてみると、日活映画「大道寺兵馬」は1928年12月21日に公開されていた。
昭和はじめの映画だった。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-23 22:42 | 常磐 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/18283658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2012-12-24 09:46 x
昭和初期というのは、まだ無声映画の時代じだいでした。青梅駅界隈には戦後の映画の看板が、たくさん並んで、レトロな、いい雰囲気ですが、炭住のポスターというのも時代を感じ、ひとつの文化ですね。
景気浮揚にデフレ脱却をねらう新政権。年金生活者としては、別にいまのままで、なんの問題もありません。インフレで喜ぶのは誰かしら?
Commented by ysnowy at 2012-12-24 14:26
猫おやじさん
この映画無声映画ですね。炭住街の映画館で上映されていたのでしょう。きっとよりよき頃でしょうね。
インフレは庶民は喜ばないでしょう。
<< 築約100年の炭住の解体 いわきでの写真展「ヤマに在りヤ... >>