炭鉱のトマソン

f0173596_11301317.jpg

いわき市内で

炭鉱跡はおもしろい。
時々変わったものに出くわす。
いわきに行くたびに見たくなるのがこの変な階段。
まさしくトマソンだ。(無意味なもの)
しかし、今となってはアートに見えるのがいい。
今年は、常磐炭田の発見者の一人、片寄平蔵の生誕200年。
改めて炭鉱跡を見ようと思う。
[PR]
by ysnowy | 2013-01-21 11:38 | 常磐 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/18366404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-01-22 06:38 x
3段のきざはしの上には、きっと床があったのでしょうね。砂漠で悲惨な事件。海外の治安は平和な日本では予期できないものですね。学生時代、青年海外協力隊のボランティア団体をつくり、自費で各派遣国の隊員に取材してまわりましたが、カンボジアでは当日、クーデーターで空港が閉鎖。戦時体制の警備に「異国」を実感しました。
Commented by ysnowy at 2013-01-22 10:32
猫おやじさん
いかに日本が平和だと言う事がわかります。
悲惨な事件です。
Commented by 猫おやじ at 2013-01-25 09:05 x
事件報道の匿名性というか、このごろ実名報道が少ないのが気になります。26年前の鹿川裕史君の事件を思えば皇子山や桜宮の少年の名前が報道されないこと、愛知の無理心中、アルジェリアの被害者名・・・。昔の社会部では、被害者の顔写真入手が大きな部分を占めていたそうですが、隔世の感があります。これも個人情報の保護ということなのでしょうか。
Commented by ysnowy at 2013-01-26 02:43
猫おやじさん
被害者に対する配慮は必要だと思います。しかし、それと報道の自粛とは違います。
Commented by 猫おやじ at 2013-01-26 07:43 x
なるほど。被害者への配慮。大事ですね。
Commented by ysnowy at 2013-01-26 19:39
猫おやじさん
被害者の家族の事を考えると、顔写真はいらないと思います。
<< 三函座(いわき市湯本) SNOWY >>