夕張136・知られざる世界の動物館の解体始まる

f0173596_1265739.jpg
f0173596_1271962.jpg
f0173596_1274788.jpg


閉鎖されていた知られざる世界の動物館の解体が始まった。
動物館の建物は旧武徳殿を利用したもので、改造はされているが炭鉱の面影の残る建築物だった。
展示されていた剥製は、国立科学博物館に無償譲渡され、すでに一部公開されている。
解体は8月までかかる予定だという。
[PR]
by ysnowy | 2013-06-27 01:34 | 夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/19903714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-06-28 21:20 x
動物を狭い檻に囲い込み、見せるというのは気の毒で、余り動物園は好きではありません。夕張の動物館の展示動物は、すべて剥製だったようですが、更に気の毒でたまりません。動物館建設には、いろいろな背景があったようですが、いずれ更地となって、人々の記憶からも消えてゆくのでしょうね。
Commented by ysnowy at 2013-06-28 22:08
猫おやじさん
いろいろありましたね。
負の遺産そのものです。
<< 「坑夫・山本作兵衛の生きた時代」展 夕張135・炭坑画家・畠山哲雄... >>