本橋成一×萩原義弘写真展「炭鉱から」

f0173596_11351245.jpg
f0173596_11354267.jpg


東京・東中野のポレポレ東中野で7月30日から8月10日まで、本橋成一×萩原義弘写真展「炭鉱から」を開催します。
本橋さんが撮影した60年代の筑豊と私が撮った80年代の夕張を展示します。
30日は、本橋さん、正木基さんとオープニングトークを行い、終了後ささやかなオープニングパーティーをおこないます。
今回は参加費(予約1000円、当日1200円)が必要です。
問合せはポレポレタイムス社03-3227-1405までお願いします。

また、丸木美術館での「坑夫・山本作兵衛の生きた時代」が始まりました。(9月8日まで)
イベントもありますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
7月27日(土)14時から、菊池拓児さん、ヤリタミサコさんと私で、ギャラリートーク「炭坑を語る」を行います。
詳しくは丸木美術館のホームページをご覧ください。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/ 
[PR]
by ysnowy | 2013-07-25 11:51 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/20083171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-07-26 08:48 x
東中野、申し込みさせていただきます。子供と中年女性がどちらの作品にも温かさを与えていますね。20日の銀座のにゃん活。「きのう、◎川珠代さんの選挙報道に出てたよ」とギャラリーの声。猫に選挙権は、ないのですが・・・。同じ日の朝、地域猫のいる駅前の小公園に100人以上のの高齢者が集まっていました。ここから昭和記念公園までハイクとか。20km以上の距離。お年寄りは、元気です。
Commented by ysnowy at 2013-07-26 10:29
猫おやじさん
今回は学生時代の写真を展示します。
そして、多くがその時代にプリントしたものです。
<< 80年代夕張102・萩原吉太郎... 丸木美術館での「坑夫・山本作兵... >>