スバルff-1

f0173596_1136124.jpg

いわき市で

古い炭住にあった広告。
雑誌の広告であろうか。
スバルff-1は、1969年に販売が開始された車。
昭和40年代、より良き頃を思い出させる。
[PR]
by ysnowy | 2013-10-02 11:46 | 常磐 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/20498542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-10-04 20:13 x
スバルといえば伝説の360が余りにも有名です。FF車の先駆としても知られレガシイに受け継がれるのでしょう。会社員のころ後輩のY君からスバルサンバーを7万円で譲り受け、勇躍、東北一周と同僚3人ででかけましたが、水沢のインターを 降りたあたりから機嫌が悪くなり、最初の目的地、三陸町崎浜にたどりついたところでエンジン全壊。翌朝、定宿の民宿あずまのみなさんの親切で、全員、盛駅まで送っていただきました。懐かしく悲惨な思い出です。
Commented by ysnowy at 2013-10-04 22:55
猫おやじさん
今となっては楽しい?思い出じゃないですか。
Commented by mari at 2013-10-05 15:21 x
 スバルの左側は、音響機器メーカーのトリオの広告でしょうか。サックスはチャーリー・パーカー? あこがれの車やステレオの広告を壁に貼っていたんですね、壁のすきまをふさぐためだけのものではなく。家の中でそこは輝いていたことでしょう。
Commented by mari at 2013-10-05 17:56 x
 きっと車やジャズの好きな元気な若者のいる家族が住んでいたんですね。
Commented by ysnowy at 2013-10-05 21:13
mariさん
そうですね。貼ったのは若い人だと思います。
Commented by 猫おやじ at 2013-10-06 11:01 x
トリオ、山水、パイオニア・・・・ステレオのご三家でした。パイオニアは業績不振ですが、なんとかがんばっています。トリオはケンウッドになりスバル車の車載コンポのメーカーに。記事に因縁を感じます。山水は明大前ちかくに立派な社屋がありましたが、赤井同様、ブランドは消えました。スマホ、タブレットの急速な普及・・・パソコンやデジカメも・・同じ秋の夕暮れとなるのでしょうか。
Commented by ysnowy at 2013-10-06 15:10
猫おやじさん
なるほど記事広告に因縁を感じますね。パソコンやカメラもどうなるやら・・・・解りませんね。
<< 清水沢電力所 小田炭鉱の炭住 >>