清水沢電力所

f0173596_1274523.jpg
f0173596_1281011.jpg
f0173596_1283932.jpg
f0173596_129835.jpg

夕張で、2013年撮影

夕張に残る旧清水沢電力所。
かつてここで発電された電気が北炭の各炭鉱に送られていた。
半ば解体されたが、まだ巨大な建物は残っている。
内部の階段や窓ガラスなどには当時の面影が残り、見ていて飽きない。
夕張の数少ない炭鉱時代の建築物の一つである。
[PR]
by ysnowy | 2013-10-07 12:21 | 夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/20527745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-10-07 16:48 x
経年劣化で、構造物がすこしずつ「無」に還ってゆくのは、さびしいものです。鋳鉄製のものにはロココ調の洒落れたデザインが施してあって、現代では、とても神経の及ばない「おしゃれごごろ」に感心します。先週、ゆきつけの居酒屋で食事中、いつもの猫が逸走。50m先のガード下の資材置場に入り込んでしまいました。1時間さがして見つからず、がっかりして店に戻ると、セメントだらけで、足元に蹲踞。感心な猫です。
Commented by ysnowy at 2013-10-08 09:14
猫おやじさん
階段の飾りなど、細かなところまで洒落ています。
残念ながらこの建物も近い将来に完全に取り壊される運命にあります。
<< 夕張138・夕張の初雪 スバルff-1 >>