小田炭鉱の炭住街

f0173596_0282970.jpg

いわき市で

 
年々姿を消す炭住街。
しかし、小田炭鉱の炭住街は往時の様子をとどめている。
ここに来ると昭和の時代に戻った感じがする。
[PR]
by ysnowy | 2013-11-10 00:42 | 常磐 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/20809708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-11-10 20:25 x
下見板張りの外壁、軽量スレート屋根、T字型の煙突。まさしく、昭和の色濃い風景ですね。7日、会社の後輩の通夜の客となり、お清めで最近、常務を辞任して顧問になった1年先輩のKさんと雑談。銀行派遣の役員が自分の会社でありながら必ず「お宅の会社は・・・」と役員会で切り出すという。暴力団がらみで話題になった銀行でしたが、今の役員は身売りによって、麻生さんの関係の方に全員交代され、役員会もふつうの会話とか。やめて8年、変われば変わるものです。
Commented by ysnowy at 2013-11-11 07:58
猫おやじさん
昭和も遠くになった感じです。この風景を見ると落ち着きます。
<< 品川白煉瓦黒田炭鉱 夕張141・友子の墓(真谷地墓地) >>