いわきの炭住

f0173596_16362429.jpg
f0173596_16365517.jpg
f0173596_16374532.jpg
f0173596_1638247.jpg
f0173596_163921.jpg

いわき市で

半壊状態の炭住。
しかし、隣はまだ人が生活している。
[PR]
by ysnowy | 2013-12-10 16:39 | 常磐 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/21060983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2013-12-11 19:07 x
風雨にされされて、崩壊してゆく日本の木造家屋。西欧の陋屋では、まずみられない物悲しさですね。壁の下の新聞が、妙に温かみを感じさせてくれます。カラーのものは、マゼンタ・シアン・イエロー・ブラックのうち、耐候性に抜群の強さを持つシアンだけが、長い年月を生き永らえますね。4日の朝、いつもは意気消沈している病弱7か月猫が、肉や魚を食べまくり、3時間後、突然、旅立ちました。こうした猫は、初めて。猫もいろいろですね。それにしても都政は、暗雲。お笑い芸人やタレントが後釜を狙う風情。なんとも浅ましいように思えるのですにゃ。
Commented by ysnowy at 2013-12-11 20:17
猫おやじさん
猫ちゃん最後の力で食べまくって旅立ったのでしょう。残念ですね。
何某都知事、昔は取材で汗かいていたのに、今は厳しい追及に冷や汗をかいていますね。
<< 写真展「黒い屋根・炭鉱住宅の記... 「The Telegraph」... >>