SNOWY

f0173596_12452984.jpg
f0173596_12461479.jpg
f0173596_12465540.jpg
f0173596_12472264.jpg

SNOWYシリーズから

さて今年はどんな風景に会えるだろうか。
楽しみだ。
[PR]
by ysnowy | 2014-01-05 12:49 | SNOWY | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/21224787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2014-01-06 17:30 x
なにげない雪のなかの樹々も、構造物の空間を通して見ると、新鮮な風景の点描に、なりますね。2日の早暁、ラジオを聴いていると、植松三十里という方が、自著「燃えたぎる石」という作品紹介で、いわきの石炭の英雄のはなしをされました。寝呆けて、いましたが、つい覚醒。歴史の片隅に追いやられている人物を取り上げる心意気に、うれしく思いました。
Commented by ysnowy at 2014-01-06 20:59
猫おやじさん「燃えたぎる石」は常磐炭田の開祖の一人、片寄平蔵のはなしですね。昨年は平蔵の生誕200年でした。私も平蔵の墓に行ってきました。(12月20日のブログ)
<< 重内炭鉱神社の今昔 黒い屋根・炭鉱住宅の記憶終了 >>