日本特殊鋼管大湊工場・2014

f0173596_1040357.jpg
f0173596_10402788.jpg
f0173596_1040479.jpg
f0173596_1042924.jpg
f0173596_10424240.jpg

f0173596_10563717.jpg


今年の大湊は雪が少なかった。
1990年に初めて訪れた時、地吹雪で日本特殊鋼管大湊工場は屋内まで雪が入り込み、まるで冷凍庫のようだった。
その後も厳冬期に何度も撮影したが、90年の時のような状態は見たことがない。
当時と比べて気温は高いし、雪質も変わってきている。
なにしろあの時は寒くてたまらなかった。
もう一度、冷凍庫状態を撮影したいが、今回も残念な結果で、写真に下北の厳しさがでない。
戦後70年になろうとしている。戦時中に建てられた工場も崩壊が徐々に進んできた。
あと何年もつのだろうか。崩壊するまで見ていこうと思う。
[PR]
by ysnowy | 2014-02-03 11:39 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/21367665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2014-02-05 08:48 x
人の手の入らない構造物は、風化が早いものです。経年劣化は、やむを得ませんが、できるだけ「あるうち」に記録しておきたいですね。私事ですが、1月11日20時37分に書き込みした、稲葉善治係長がひらひらさせた怪しい「にゃん活禁止」のような公文書。記名のあった和田所長に本人確認したところ「あれは、単なるメモ」という。それじゃあ公文書偽造。だって、冒頭のあて所「野岸博様」「中央区保健所長和田◎◎」は、どういう意味?わけのわからないことをいう。12日に怪文書をもらうために第三者と訪問しようっと。
Commented by ysnowy at 2014-02-05 11:43
猫おやじさん
風化はしていますが、よくもっていると思います。
「にゃん活」阻止、組織ぐるみかもしれませんね。
<< 立春の雪 旧海軍大湊要港部水源地堰堤 >>