夕張143・南大夕張炭鉱の事故から29年

f0173596_19142667.jpg

慰霊碑
f0173596_1915764.jpg

かつての炭住街
f0173596_19153429.jpg

商店街、いずれも夕張市南部地区で


1985年5月17日に起きた三菱南大夕張炭鉱のガス爆発事故から29年。
81年の北炭夕張新炭鉱の事故の後に、三菱でも大事故が起き、62人が亡くなった。
現在、かつての炭住街は自然と化し、にぎわった商店街も多くが廃屋となっている。
来年は30年。月日の経つのは早い。
[PR]
by ysnowy | 2014-05-17 19:31 | 夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/22065831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2014-05-20 00:50 x
13日に起きたトルコ・ソマの炭鉱、ガス爆発事故。780人余りのうち301人が亡くなるという悲惨な結果になりました。夕張も悲しい体験を経て幾星霜。手向けられた花の鮮やかさが、人々の風化しない思いを伝えますね。以前このブログにも書き込みさせていただいた青年漫画誌2本の「福島もの」。1本が休載とか。以前から不定期掲載ですので休載とは変ですが、そういう幕引きがいかにも日本人。いきなり「鼻血」というのは高踏無稽ですが、現地の様子を、ある部分では正確に伝えてくれていました。
Commented by ysnowy at 2014-05-22 22:58
トルコの事故の報道を見て、夕張の事故のことを昨日のことの様に思いだしました。夕張の歴史は炭鉱事故の歴史でもあります。
<< 夕張144・シューパロダム(沈... 80年代夕張105・記憶の再生... >>