釧路市博物館での写真展「ヤマに在りヤマに還る」

f0173596_22584599.jpg
f0173596_22591974.jpg
f0173596_22595288.jpg

釧路市博物館で

釧路市博物館のマンモスホールでの写真展「ヤマに在りヤマに還る」の展示ができました。
明日(3日)から始まります。
「80年代の夕張」、いわきを写した「黒い屋根」、「巨幹残栄」、そして「SNOWY」を展示します。3日は朝から会場にいます。
詳しくは、釧路市博物館のホームページをご覧ください。http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2015/yama.html
[PR]
by ysnowy | 2015-10-02 23:08 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/24532010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ〔みなせあやこ猫〕 at 2015-10-06 07:38 x
マンモスの骨格標本と写真群、あまり写真展では、みかけない風景ですが、いろいろ考えると特別な意味合いがあって楽しいですね。先日、松村さんの長崎写真展と同じ会場になる新宿のビルの2階で女性写真家のシリアの写真展を、にゃんこと見学。すさまじい戦火の地域なのに、こころ優しい作品ばかりで、ちよっと意外でした。
Commented by ysnowy at 2015-10-06 10:46
猫おやじさん、石炭は化石燃料ですから、「マンモスと共通なところがあるのでは」と考えるとこのような展示も成立しますね。
なんでもありですが・・。
<< 写真展「ヤマに在りヤマに還る」から 戦後70年の光景3・横田基地 >>