石炭列車

f0173596_18342310.jpg
f0173596_1834459.jpg
f0173596_18352634.jpg


釧路コールマインから出炭された石炭を運ぶ石炭列車。
釧路市立博物館での写真展「ヤマに在りヤマに還る」は23日(17-19は休館)まで延長になりました。
[PR]
by ysnowy | 2015-11-17 18:43 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/24681804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ〔みなせあやこ猫〕 at 2015-11-17 20:42 x
田川九尺炭層のような黒光りする太平洋と、絶妙の位置にいる海鳥、波しぶきが横向きの陽光を浴びて疾走する石炭列車が、ひとつの物語になっていますね。絵画では表現しきれない写真の世界。素晴らしいと思います。16日、いつも写真展に、お邪魔する猫の記事がでました。同じ新聞社の2007年9月20日に祖父、2011年3月31日に父、2015年11月16日に本人と、4年おきというところが、なにか因縁めいています。記者さんの飼い猫が「いいちこ」というのも妙に親しみを感じます。写真展23日まで延長とのこと、おめでとうございます。
Commented by ysnowy at 2015-11-17 23:20
猫おやじさん、ありがとうございます。今回も楽しんだ写真展でした。産炭地はいいものです。
<< 毛綱毅曠の建築 釧路市立博物館での写真展「ヤマ... >>