大仁金山

f0173596_14575695.jpg

写真集・巨幹残栄から

大仁金山の選鉱所。
桜がさく頃が美しかった。
現在は解体され、コンクリートの土台が残っている。
[PR]
by ysnowy | 2015-12-10 15:03 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/24754722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2015-12-11 00:14 x
大仁金山は、秩父鉱山、河津鉱山と並んで、中学生の自分の金属鉱山デビューでした。50年前、まだ鉱山には働く人がいて、見ず知らずの中学1年生に鉱山施設を親切に案内していただきました。大久保長安の話と、鉱山事務所の傍にあった小さな「狸掘り」の坑口がいまでも鮮明に記憶によみがえります。電車からも「大仁金山」の誇らしげな立派な文字とその下の「帝国産金興業」の文字が、その後しばらく見えたものです。未成年者なのに快く、坑内見学をさせていただいた伊豆の湯ヶ島、清越、持越、縄地の鉱山も操業を終え、開発以前の静かな山林に戻りつつあります。大仁金山の近くには城山という丘陵があり安山岩の採石をしていて、立派な菱沸石などのゼオライトが、たくさん採集できたものです。
Commented by ysnowy at 2015-12-14 11:14
大久保長安の碑の近くに、以前は狸掘りの坑口がありましたが、後にコンクリートで密閉されていました。
もうずいぶん訪れていないので今度行ってみたいと思います。
<< 大仁金山のその後 木造駅舎42・列車が一日一往復... >>