、『写真のフロンティア  ヒューマニズムの視座から』

f0173596_12301164.jpg
f0173596_12292017.jpg


昨年秋の釧路市立博物館の展示に続いて再び釧路での作品展の案内です。
「写真の町」東川町コレクション展、『写真のフロンティア  ヒューマニズムの視座から』が、北海道立釧路芸術館http://www.kushiro-artmu.jp/で4月15日ー7月10日まで開催されます。
私の作品も「SNOWY」か「夕張定点観測」なのかは解りませんが展示されます。釧路に来られましたら、ぜひお立ち寄りください。
[PR]
by ysnowy | 2016-04-14 12:20 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/25131281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-04-14 21:27 x
ヒューマニズムというのが写真の真骨頂だと考えています。囲碁の世界や初音ミクなど人工知能が人間の知性を凌駕するような時代。人工知能のカメラマンも登場するような時代がやってくるのではと、昨今のデジカメをみて恐れ慄いています。
Commented by ysnowy at 2016-04-14 22:35
ロボットカメラマンが危険な場所に行き撮影する時代ももうすぐだと思います。
<< 亀甲形のカラミ煉瓦・尾小屋鉱山 東京炭鉱 跡(東京炭鉱前) >>