持倉鉱山・カラミ煉瓦の事務所跡

f0173596_855311.jpg
f0173596_854306.jpg
f0173596_8533968.jpg
f0173596_8531325.jpg
f0173596_8522251.jpg
f0173596_8515153.jpg


90年代の終わりごろに何度か訪れたことがある持倉鉱山の事務所跡。
カラミ煉瓦でつくられた建築物は、自然の中で堂々と佇んでいた。
これを見て以来カラミ煉瓦の魅力にとりつかれた。
久しぶりに訪れたが、その雄姿は以前と変わらなかった。
カラミ煉瓦建築の最高傑作だと私は思っている。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-26 09:07 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/25267436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-05-30 10:49 x
持倉鉱山というのは、存知あげませんでした。三川鉱山とか五十島鉱山へはお邪魔しましたが、前者は広大な、ずり場の記憶。後者は、ゆけどもゆけども鉱山らしからぬ風情で、早々に撤退した記憶があります。もう50年近く前のことです。持倉鉱山は1920年に閉山ということですので、100年近い星霜。長い歳月にも不朽の「からみ煉瓦」とその美意識ゆたかな構造物に、いまさらながら驚嘆いたします。伊勢志摩サミットの26億円もの構造物は、あっけなく撤去。人智の及ばぬ違いでしょうね。
Commented by ysnowy at 2016-06-24 22:11
猫おやじさん、90年代に良く訪れましたが、時間の経過と共に今は秘境になってしまいました。
<< 持倉鉱山・カラミ煉瓦の精錬所跡 カラミ煉瓦の蔵・尾小屋鉱山 >>