写真展・「巨幹残栄ー九州・山口編ー」田川炭鉱

f0173596_23371449.jpg
f0173596_23365484.jpg
f0173596_23363534.jpg



7月16-31日まで福岡市のphoto massageで写真展「巨幹残栄ー九州・山口編ー」を開催します。
今回は1994年から96年に写した筑豊、端島(軍艦島)、崎戸、三池などが中心となります。
撮影から20年が経ち多くの炭鉱施設が無くなりました。
私の撮影したものの中にも現存しないものが沢山あります。
山本作兵衛邸や四山鉱竪坑ヤグラなど、今回初めて展示する作品もあります。
福岡にお越しの方はぜひお立ち寄りください。
なお、16日16時からトークを行います。
[PR]
by ysnowy | 2016-07-02 23:54 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/25401807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-07-05 00:05 x
博多での写真展、おめでとうございます。遠いので、ゆくことは叶いませんが成功をおいのりします。フィルムにこだわって50年。いよいよ潮時のようです。カメラ量販店でDPEが大幅値上げ。「しのご」や「えいとばいてん」が4割アップ。モノクロも同様とか。デジカメは持っていますが使う気にならないのです。しかし、そうも言っていられない状況になりました。
Commented by ysnowy at 2016-07-05 06:18
> 猫おやじさん
モノクロフィルムも1本1000円の時代です。まだあるだけましだと思っていますが段々きつくなりますね。
Commented by 猫おやじ at 2016-07-05 10:31 x
モノクロは36ex160円、カラーは返送袋入りフジNカラー64が350円。もう55年前の話でした。銀座シャネル4階で外人作家の写真展を猫と見学、廃墟に日常の人物を配したり、葛のからまる無人の家屋や、風化したスーパーの未開封パック食品をこれでもかというくらい並べるのは邦人のどうも写真家の感覚ではないようです。一番感動したのは、エレベーターのタッチパネルや行く先の装飾が、すべてシャネルいう豪華さでした。明日は品川で「動物たち」の写真をみてきます。
Commented by ysnowy at 2016-07-08 21:00
フィルムは金食い虫です。厳しいですね。
<< 四山鉱竪坑ヤグラ・写真展「巨幹... 夕張154 ・財政破綻から10年 >>