奔別炭鉱竪坑ヤグラ

f0173596_11423135.jpg


東京は台風一過で朝から晴天。
気温もうなぎのぼりだ。
このような時は、冬の炭鉱で涼を・・。
[PR]
by ysnowy | 2016-08-17 11:46 | SNOWY | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/25622746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-08-18 00:56 x
幾春別へは、幌内線が運行している東京オリンピックのころ、お邪魔しました。北炭と住友の大きな炭鉱があって、まだ閉山前でしたので、街もにぎわっていました。東洋一の竪坑櫓。壮観ですね。平成に入ってからも幾春別には、お邪魔しましたがアンモナイト研究者の早川浩司先生宅に、お邪魔した〔翌年逝去〕のと、桂沢湖ちかくの熊追沢で熊を遠目に見ながら化石さがしを、した記憶があります。先日、渋谷ハチ公猫していると渋谷区教委文化財係の松井圭太さんという方が名刺をくれました。会話は一言二言でしたが、好印象の青年でした。
Commented by ysnowy at 2016-08-26 20:25
ここの竪坑ヤグラは、志免のヤグラと共に現存する中で日本一の規模の様です。
<< 本所教会のカラミ煉瓦の塀 写真展「巨幹残栄 九州・山口編」 >>