犬島製錬所のカラミ煉瓦

f0173596_22534733.jpg
f0173596_22532249.jpg
f0173596_2253540.jpg
f0173596_22524084.jpg
f0173596_225129100.jpg
f0173596_22495716.jpg

岡山市の犬島で写す

旧犬島製錬所のカラミ煉瓦の遺構は美しく、おそらく西日本では最大級のものだろう。
青い海を背景としたカラミ煉瓦は、東北の鉱山の遺構とはまた違った趣がある。
[PR]
by ysnowy | 2016-09-19 23:09 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/25976684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-09-20 09:28 x
青い海を臨む、からみ煉瓦の施設は、山合いの緑とは対照的に芸術作品に見えます。犬島の精錬は100年近く前に操業を終了した跡地がそのまま残されているのに敬意を覚えます。同和鉱業の経営だったそうですが、目白の椿山荘や秋田の小坂鉱山も鉱山事務所が今に残り、藤田財閥の「ものを残す」よい雰囲気が好きです。株主のごり押しで三井東圧の社史や同和鉱業の銀色の装丁の社史を無償でいただきましたが、同和鉱業のものは、内容も自画自讃でなく好感がもてました。高校生のころ小坂鉱山を訪れたとき、通りかかった坑内員の人に「柵原へもゆきました」と話すと「自分も、最近柵原から異動した」と意気投合。「泊まってゆきんしゃい」という話になりました。
Commented by ysnowy at 2016-09-20 21:46
100年近く残っていたからこそ、その遺構を使い美術館と今はなっています。
壊すだけではなく、いずれ使うことを考えれば遺構は再生されます。
Commented by 猫おやじ at 2016-09-23 08:24 x
ご返事のコメント多謝。郷土富山の偽造領収書の議員のみなさん、大妻女子大の学生の徽章の裏の文字そのままです。先日アカハタが報じた稲田防衛相の同様の問題。メディアが黙殺するのは安倍さんへの遠慮? 日大櫻丘高校時代、熱心な新聞部員。2年生のとき寄稿した「盗難問題に対策を」の論説で退校騒ぎに。当時の愛読政党新聞は、タブロイドの週刊民社、立派なつくりの社会新報、アカハタ系の祖国と学問のために、あっさり自由民主〔のちに自由新報〕の4紙でした。マイナーですが東京タイムスや日本観光新聞も、いい味出してました。
Commented by ysnowy at 2016-09-23 09:37
近年はメデアが役割をなしていないということです。
<< 巨幹残栄 ー九州・山口編ー 大久野島の芸予要塞跡 >>