紅葉の三井芦別鉄道炭山川橋梁

f0173596_10470119.jpg
1989年に廃線となった三井芦別鉄道の炭山川橋梁の上にはデイーゼル機関車と炭車が展示されている。


[PR]
by ysnowy | 2016-11-01 10:54 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/26676074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-11-03 07:24 x
この風景は、記憶があります。なぜ、線路の上、しかも短い橋梁に乗ってディーゼル機関車と無蓋貨車が並んでいるのか不思議に思っていたのですが、「静態保存」なのですね。いまにも動き出しそうな様子で「石炭産業の栄光よ再び」と主張しているかのようです。いま、輸入炭の価格がトン90ドルから200ドルにもなって、( ひょっとしたら )の淡い期待も持っています。
Commented by ysnowy at 2016-11-03 14:39
北海道の露天掘りの炭鉱は元気です。
<< 幌内変電所 頼城小学校跡 >>