太陽灯

f0173596_17413044.jpg
今年はなんだか冬が早いような感じだ。
写真は、夕張市の高松浴場の横にあった太陽灯。
坑内員の日照不足を補うために紫外線や赤外線を当てた施設だった。
独特な形をした建物でよく撮影をした。現存していないのが残念だ。

[PR]
by ysnowy | 2016-11-07 17:44 | 炭鉱 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/26775838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-11-08 22:48 x
日焼けサロンというのは、住友歌志内鉱にも現存するそうですが、当時としてはユニークな厚生施設だったのですね。卒論で夏、高取鉱山に50日過ごした坑内生活では、闇の中の16度の適温の温度を満喫しましたが、通年となると、太陽が恋しくなるのかもしれません。豊洲移転で元整備部長が反駁、お立場を考えると闇の行政といわざるを得ません。
Commented by ysnowy at 2016-11-08 23:45
猫おやじさん、太陽灯の建物が現存しているのは歌志内の北炭神威炭鉱です。
Commented by 猫おやじ at 2016-11-10 07:25 x
住友でなく北炭でしたか。ご指摘ありがとうございます。9日は米国大統領に政治の新人。北朝鮮の指導者のようにもみえて不安ですが独裁国家でないのが幸いです。株価急落で3000万円の含み損。いろんなことが自分の生活にもかかわります。冬場に備えて25匹にゃんこの風邪ワクチン、ゆきつけの鷺宮のまつざわ病院でなく、家の近くの病院へ前々日予約して、きのういったら「品不足」ということで診療拒否。困ったものです。
<< 住友赤平炭鉱 幌内変電所 >>