足尾のカラミ煉瓦塀

f0173596_10403371.jpg
f0173596_10404996.jpg
f0173596_10410794.jpg
足尾町の愛宕下にはカラミ煉瓦の塀が残っている。
かつてここには銅山の社宅が建っていた。
現在は取り壊されてないが、黒い塀が社宅があったことを思い出させる。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-02 10:49 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/27144429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-12-03 20:53 x
赤穂、荒川鉱山と、からみ煉瓦の遺構を拝見するにつけ、経年劣化しない耐久性に感心します。もう師走となり、年の瀬のあわただしさのなか、時間の経過の早さに、あきれます。先日の雪で、赤い実をたわわにつけていた坪庭のミニトマト5株や鷹の爪2株が一夜で枯死。雪の冷たさを思い知らされました。
Commented by ysnowy at 2016-12-04 00:31
カラミ煉瓦は丈夫ですね。劣化はしてきていますが、独特の味わいがあります。
<< 木造駅舎45・廃止された増毛駅 足尾製錬所と大煙突 >>