80年代夕張119・福住

f0173596_21011534.jpg
かつて山の上の方まで炭住が建っていた福住地区。
中腹には自然に還ろうとしている炭住がいくつか見られた。
1982年写す

[PR]
by ysnowy | 2017-02-26 20:56 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/27593289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2017-02-26 22:42 x
自然に還る炭住。本来ですと重機が入って、ダンプで廃材を搬出、跡地を整備ということなのでしょうが、続成作用というか、風化にたよる土壌化なのですね。新市場や私立小学校のように、あやしい人の跋扈によって常識はずれの結果。地中の生活ゴミや有害ゴミがからんでいて、どちらも底流は同じように思います。この「福住」のように天然、自然の風化の姿をみて、都会の欲に負けた、あさはかな人たちの哀れさを痛感します。
Commented by ysnowy at 2017-03-02 21:40
木造であればやがて自然に還ります。多くの炭住は解体されましたが、この辺りの炭住は多くが自然に還りました。
<< SNOWY・幌内炭鉱 SNOWY・時の流れ >>