夕張・南部小学校の子供たち

f0173596_20344726.jpg


1990年3月に三菱南大夕張炭鉱が閉山。
南部小学校も閉校した。
今、この子供たちはどこにいるのだろうか。
南部小学校前で、1990年3月写す

[PR]
by ysnowy | 2017-05-06 20:40 | 夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/27785076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2017-05-10 00:40 x
二十四の瞳ならぬ、30の瞳。顔立ちは、中学生のように見える元気な子たちも、40歳。自分が40代の会社員のころは慢性的な人手不足で、始発出社、終電帰宅という毎日でした。いまは過労死対策とか残業規制が叫ばれる時代ですが、当時は、それが当たり前。従業員の定着率も悪く、20人から30人入る編集部の新卒配属者の半数は2年で退社、5年後には1割だけが残るという実情でした。いまでは、労働環境も整備され、早出が強制されることもなくなったようですが、お定まりの出版不況で売り上げは半分、社員も3分の1になってしまいました。
Commented by ysnowy at 2017-05-10 09:33
当時は現在と比べ物にならない労働状況でしたね。この子供たちもほとんどが夕張を出ているようです。この写真を見て希望者があれば送りたいと思っています。
<< 南部菊水の炭鉱住宅 南大夕張炭鉱 >>