南大夕張炭鉱・炭住街のスケートボード

f0173596_16493829.jpg

オリンピックの種目に決まったスケートボード。
炭住街のスケートボーダーは、今何処に。
1990年、夕張市南部菊水で写す。

[PR]
by ysnowy | 2017-06-05 16:58 | 夕張 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/27869230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2017-06-06 09:48 x
金髪にタトウを入れた、やんちゃな青年たちの遊びとばかり考えていましたが、オリンピックの出場種目になっていたとは知りませんでした。30年前からスケートボードで遊んでいる子供たち。炭鉱の好況のときは給与水準も高く、こうした遊びも、ふつうだったのでしょう。先週、銀座シックスへ遊びにゆきました。近未来のショッピングモールのようで、内装や商品も、ずいぶん洗練されて驚きました。森ビルの運営ということですが、「売る」という姿勢でなく「見せる」というコンセプトなのかもしれません。猫たちは、久し振りに6丁目の表示のところでお昼寝。
Commented by ysnowy at 2017-06-09 23:14
スケボーも五輪種目です。炭住街のスケボー、今となっては貴重な写真となりました。
Commented by 通りすがり at 2017-08-17 04:32 x
夕張出身者です。南部青葉町に住んでいました。
とても懐かしい思いで拝見しております。
・・・ただ、ここの場所は菊水町ではないかと。

炭住の玄関と並び方、道路の感じを見てそう思いました。
他の記事の菊水の炭住(白いアパート)の裏にズラーっと建っていた木造長屋の玄関が菊水町はドアタイプで、青葉町は引き戸タイプが多かったと思います。
青葉町もドアタイプの住宅があったのですが、見た感じいかにも木造ではなく、外壁?を張っていたと思います。
住宅の並び方も、青葉町のドアタイプの住宅付近は、土地の関係上、せいぜい家の前の道路というか通路も含めて、多くても三列長屋が建てばいいほうかと・・。

他の記事の夕暮れの炭住街も木造で四列以上建っていますので、菊水町だと思います。
また菊水町の住宅街の真ん中付近に、バスが折り返す少々広めのアスファルト路面の交差点?がございまして、スケボーしてるのはその付近かなぁと思います。

細かいところを長々と申し訳ございませんでした。
Commented by ysnowy at 2017-08-17 14:13
通りすがりさん、ご指摘ありがとうございます。当時、青葉町と菊水を行ったり来たりして撮影をしていましたので、私の勘違いだと思います。
今後も気が付いたことがあれば教えてください。
<< カラミ煉瓦 80年代夕張122・ズリ山のある風景 >>