80年代夕張123・夕張太鼓

f0173596_09242185.jpg
夕張の谷間に響き渡る夕張太鼓。
夕張市社光で1983年5月写す。

[PR]
by ysnowy | 2017-09-09 09:35 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/28132097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2017-09-13 08:54 x
太鼓は、お祭りの雰囲気を盛り上げます。12歳から町内の祭りの屋台にのって太鼓をたたいている長女は、2人のママになって33歳。相変わらず毎年7月の第三日曜日は、6時間、8kmの北秋津の集落を回りながら太鼓をたたいています。太鼓は「重松流」というそうで、彼女の部屋には、あちこちのコンテストでいただいた、かわいいトロフィーたちが並んでいます。きのうは、中野で外人さんたちのパスポートや外国人登録証を拾い駅前交番へ。中年のおまわりさんが内容を点検しながら「いまの旅券は、ICチップ入りなんだ」みると40年前のものとは大きさも半分ほど。時代は変わっています。
Commented by ysnowy at 2017-09-13 09:57
> 猫おやじさん
夕張は町の人口は減少していますが、夕張太鼓は今も健在です。威勢のいい太鼓は夕張の現状を勇気づけています。
<< 80年代夕張124・子供みこし 戦後72年・山中坂の悲劇(立川空襲) >>