巨幹残栄4・嘉穂電燈の煙突

f0173596_1151113.jpg

嘉穂電燈の煙突

麻生総理の誕生を記念して紹介する。
嘉穂電燈は麻生総理の曽祖父である麻生太吉が創業。
炭鉱や飯塚周辺の各家庭に電燈を普及させた。
写真の煙突は、明治42年に太吉が建てたもので、飯塚に行くとよく目についた。
すでに解体され、現存していないが、近くに見える忠隈のボタ山と共に筑豊の代表的な炭鉱遺産だったと思う。

今となっては残念・・・・・・。
[PR]
by ysnowy | 2008-09-26 12:16 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/9183051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日常・深川資料館通り 元町公園 >>