80年代夕張15・夕張新炭鉱・祭壇

f0173596_11505111.jpg

1982年3月・夕張新炭鉱


1981年の大事故から半年近くたっても、まだすべての犠牲者は収容されていなかった。
炭鉱の繰込所には祭壇が設けられ、炭鉱マンたちは、入坑前や坑内から上がってきた後に祭壇に手を合わせていた。
最後の犠牲者が収容されたのは、事故以来なんと163日ぶりのことだった。

もうすぐ10月16日、新鉱事故の日。
[PR]
by ysnowy | 2008-10-11 11:52 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/9341156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 万次郎 at 2008-10-13 13:19 x
祭壇の上のほうに名前が記入されるのでしょうか? そうだとすると空白部分があるのが、痛ましさを倍加させていますね。
Commented by ysnowy at 2008-10-16 23:49
万次郎さん
祭壇の上の名前は、まだ坑内に取り残されている人たちです。
遺体が収容されると名前が外されました。
<< 夕張20・夕張新炭鉱 80年代夕張14・北炭夕張新炭... >>